--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/04

育成の考え方

(自分がいつも拝見させて頂いているチームさんの記事・・・
育成には色々な考え方がある中で、これもまた一つ・・・)



心に刻む。

「強い選手」「闘える選手」を山ほど観てきました。

今、彼らはプロの世界で極少数しか存在していません。

U-13(中学1年生)から鍛えあげて戦士のようなチームをつくること。
私が高校時代に経験してきたこと。
その道は選びません。

U-13(中学1年生)からリーグ戦化になりました。ゲームに勝利する為にメンバーを固定して鍛えあげる。そんなチームも山ほどあります。

「ジュニア」「ジュニアユース」「ユース」「大学」15年以上。

「いつ遊ばせる?」「いつ大人のタガの無い環境を経験する?」

相手を分析して、目の前のゲームに勝つ。
この年代からそのような時代になってきました。
自分で考えるのではなく。
データを集めて、相手の良さを消す。
大人の立てたゲームプランで動く。
そのような時代になってしまいました。

もっともっと年齢を重ねて高いレベルのピッチに立つ。
極一部の選手達しか生き残ることは難しい世界。
先々ではパターンは通用しなくなります。
フィジカルもバネもスピードも桁違いに違う「海外の個」と対峙した時に、日本人は何を武器にたたかうのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。